Woman.excite Exciteホーム | Woman.excite | Garboトップ | Womanサイトマップ
夢。
昨日、東京大学の入学式だったみたいね。
4月ももう中旬。
早いねっ。

私の小さい頃の夢は。
東京大学に入ることでした。

あと一つは。
オリンピックに出ること。

こう見えて。
スポーツ神経かなり抜群でした。

小学生低学年の時。
ジョイナーがどれだけ速いのか気になり。

オリンピック出場時に、一度、競走でもしてみっか?ということで。

彼女は(ジョイナーね)オリンピックのトラックを走り。
私は家のリビングをメジャーで5m計って、それを往復。

もちろんスタートは同じクラウチングスタート。

しかも彼女の(ジョイナーね)決勝まで私は体を温めていたので、
勝負は強敵揃いの決勝戦。

いざスタートのピストルがなり、彼女と一緒に私は猛奪取。

結果はなんと…。


同ゴール。

まだ小学生の2、3年生だったのに世界のジョイナーと同じタイム。

隠された才能を自ら見付けてしまった…。

興奮覚めやらぬまま何故か秘密にしときたくて一晩誰にも言わず。

次の日。
「あんたスゴい子を産んだね。」
と、母に話をし始めました。

母は私にどうやってメジャーで計ったのか聞いてきたので。
正直に計り方を教えたら。

私が走ったリビングは。

計った5mを10回。5往復。

ってことは。

50m。

ジョイナーは。


100mだった…。

あたしゃ彼女の半分しか走っていなかった。

しかも、50mを10秒だか11秒。
大して早くもない。

掛け算もちゃんと出来てないことも知らされた。


この時、母は爆笑していたけど。
自分で見付けた才能が勘違いに気付いた時、
幼心ながらグッサグッサ傷付きました。(笑)


韓国のある歌手の方が番組でね。

「夢は何ですか?」の質問に。

「空を飛ぶこと。」と答えて、スタジオを凍らせたの。

みんなシーンとなっていたけど、続けて彼は。

「出来ること、叶うことを言うのは目標だ。夢ではない。」と言ったの。

他の出演者はそれでもシーンとなっていたけど。
私は共感できたんだぁ。

幼い頃は夢を語るとき目を輝かせて、デッかい事を言ってたのに、
今は自分が頑張れば出来る範囲の事を言ってしまう…。

特に私は現実主義だからその傾向があるんだ。

その番組を見て、それじゃ駄目だっ。いかんっ。って改めて思ったよ。

だいぶ語り入ってますが、しらふです。
ここまで読んでくれてありがとう。

それより、だいぶ長いよね。

アタシもさ。
携帯でポチポチ文字打ってるからさ。
親指が腱鞘炎になる寸前だよ。

じゃあ。
[PR]
by takagi-rina | 2009-04-14 16:48 | Diary
<< ショッピング。 こんにちは。 >>


 
Copyright © 1997-2007 Excite Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.
免責事項 - ヘルプ - エキサイトをスタートページに | BB.excite | Woman.excite | エ キサイト ホーム